ブーログ › 豊田市コモスクエア前!振袖・はっぴの柴宗(しばそう) › 柄のことば辞典 › 振袖の古典技法 金彩(きんさい)・友禅(ゆうぜん)とは 

2013年09月19日

振袖の古典技法 金彩(きんさい)・友禅(ゆうぜん)とは 

しばそうの振袖に関する「ことば辞典」です。

古典柄のお振袖だけでなく、
クール で 大人っぽい柄のお振袖にも
伝統の技法は使われています。

◆古典技法のひとつ◆
金彩きんさい友禅ゆうぜんといった伝統技法をもちいることで
大胆に表現したバラの花のお振袖も、
古典の本格派のお振袖もしっとりとした着姿のになります。

★金彩とは★
金を使った装飾の技法。金泥、金箔、金液などで模様を描きます。

★友禅とは★
友禅染のこと。元禄時代(1688〜1704)に始まったとされる模様染めの染色法。
京都の扇に絵を描く絵師の宮崎友禅斎に由来する名前と言われる。
友禅斎の絵は着物の模様としても人気があり それがのちに染色技法の名になったとされる。
友禅染は色彩豊かに複雑な模様をそめることができ、色も落ちにくく、
優れた技法で、現代でも日本の染色の代名詞といえます。

赤*金箔加工の本格派お振袖。京友禅の艷やかさ。下矢印

振袖の古典技法 金彩(きんさい)・友禅(ゆうぜん)とは 



華やかでクールなお振袖の柄にも、伝統の技が使われています。下矢印

振袖の古典技法 金彩(きんさい)・友禅(ゆうぜん)とは 





同じカテゴリー(柄のことば辞典)の記事画像
クリーム色・古典友禅振袖
古典の柄 御所解模様(ごしょどきもよう)とは・・・
古典の柄 黒振袖 琳派をイメージするお振袖
古典の柄 熨斗文様(のしもんよう)とは・・・
古典の柄 辻ヶ花染とは・・・
古典の柄 雲取り文様とは・・・
同じカテゴリー(柄のことば辞典)の記事
 クリーム色・古典友禅振袖 (2016-04-13 14:35)
 古典の柄 御所解模様(ごしょどきもよう)とは・・・ (2013-12-02 14:58)
 古典の柄 黒振袖 琳派をイメージするお振袖 (2013-10-02 19:21)
 古典の柄 熨斗文様(のしもんよう)とは・・・ (2013-09-08 18:17)
 古典の柄 辻ヶ花染とは・・・ (2013-08-31 19:05)
 古典の柄 雲取り文様とは・・・ (2013-08-24 18:53)

「柄のことば辞典」カテゴリーを一覧で見る

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。